物流受託e3PLe 3rd Party Logistics

LOCONDO.jpのEC倉庫「LOCOPORT」でB2B物流もフルサポート。
システムも運営も100%内製だからこそ可能な、業界最高水準のQCD (Quality、Cost、Delivery speed) !!!
物流は安ければ安いほど良い、という時代は終わりました。
コスト削減できる事はもちろん、最高水準の品質 (正確性) やスピードも兼ね備えた物流は今やビジネスの必要条件です。
更にこの「最高水準のQCD」に加え、ファッション業界においては「在庫の一元化」も重要な要素です。
その全ての要素を実現できる物流受託サービス、それが「e3PL」です。

e3PLが選ばれる理由※ e3PLはLOCONDO.jpの出店者様のみが利用できる、特別オプションです。

  • 100%自前のシステムとEC倉庫だから可能な、
    最高水準のQCD (品質・コスト・スピード)

    ロコンド倉庫「LOCOPORT」はLOCONDO.jpの全ての物流を支える基幹倉庫。
    その倉庫の内部は当然ながらあらゆる業務がデジタル化されています。
    ロコンド倉庫のWMS (Warehouse Management System) は弊社独自開発の100%内製開発のためお客さまの様々なニーズに対し、迅速に対応できるのが特徴です。
    またEC倉庫だからこそ、土日出荷や即日出荷、即日入庫や返品は「当たり前」です。
    高度なサービス品質水準を保ってきたEC倉庫だからこそ、高品質なB2B物流で実現できるのです。
    LOCOPORT内の物流業務を運営するのは全て熟練したロコンドグループのメンバー。
    100%内製体制だからこそ、最高水準のQCDを実現します。

  • 店舗・卸在庫とEC在庫のシェアだから可能な、
    最高水準の在庫回転率

    在庫の一元化による在庫回転率の向上はファッション業界において重要課題の一つ。
    ロコンド倉庫はEC倉庫だからこそ、他社にはできないリアルタイムかつフレキシブルな「在庫シェアリング」を実現しています。
    店舗在庫を店舗に出荷する直前までは、複数のECチャネルで同時販売します。
    またLOCOCHOCを組み合わせれば全店の取り寄せ在庫にもなるため、在庫はあらゆるチャネルでシェアされます。
    もちろん在庫を確保したい場合は在庫シェアをしないなどの対応も管理画面で自由に対応。
    LOCOPORTで最高水準の在庫一元化を実現しませんか?

  • 売上増とコスト削減を同時に実現した豊富な実績をもとに更なる拡大へ

    業界最高水準のQCD、そして在庫シェアリングを提供するe3PLによってロコンドは様々なショップ様の物流コストの削減と店舗・EC売上の増加を同時に実現して参りました。
    この豊富な実績を背景に、B2B出荷数は大幅に増加し、2018年度は昨年度の何と6倍。
    B2B出荷数がB2C (EC) 出荷数を上回る日も珍しくなくなってきました。
    今後は更なる倉庫ニーズの増加を勘案し、2020年からは新倉庫が稼働。
    倉庫キャパシティは3倍に拡張し(26,000坪)その先の更なる拡張に関しても計画を進めております。
    皆さまのお問い合わせをお待ちしております。

e3PLの特徴

  • 最高水準のB2B物流
    (入荷出荷返品)

    EC倉庫だからこそ、B2Cと同水準での物流クオリティをB2Bでも実現しています。
    在庫計上の精度は「99.9% (2017年度)」。
    もちろんこの精度に満足せず、更なる高い精度を目指して改善を続けております。

    物流スピードも下記の通り、高水準のECクオリティを実現しています。

    ● 入荷: 着荷後「2営業日」以内に入荷計上 ● 出荷: 12時までの出荷指示で「当日」出荷 ● 返品: 着荷後「2営業日」以内に検品返品計上 ※ それぞれ数量に応じた詳細条件あり

  • 家賃も敷金も保管費用もゼロ(条件あり)

    ファッションビジネスの場合、どうしても倉庫在庫数は月によって変動します。
    自社で倉庫を借りる場合、最大在庫数に合わせて倉庫を借りなければならず、また敷金などもかかるため、多くの支出を要します。
    ロコンド倉庫の場合、全ての在庫をフリーアドレス制の単品管理で保管していますので、ショップ様毎の季節変動に対して柔軟に対応できるのが特徴の1つです。
    また在庫はあくまでEC販売在庫としてお預かりしますので家賃や敷金はもちろん、保管費用も一定数までは頂きません。
    そのためロコンドのe3PLならば物流コストの削減も可能なのが魅力です。

  • 在庫一元化によって
    損失機会をゼロに

    e3PL契約をされているショップ様の場合であっても原則、店舗に出荷するまでは以下のECサイトで同時販売し、売上機会を逃さないように致します。 LOCONDO.jp ● LOCOMALL (楽天Yahoo!、MAGASEEK) ● 自社EC (BOEM) またLOCOCHOCを組み合わせれば全ての店舗の取り寄せ在庫としても利用できるため、EC・店舗をまたがる全ての在庫を一元化できます。
    更にLOCOPOSを組み合わせれば店舗在庫をリアルタイムでECサイトで販売する事も可能になり、更なる在庫一元化が可能になります。
    これらの在庫一元化 (在庫シェアリング) にあたっての物流のハブになるサービス、それがe3PLです。

  • 管理画面からの
    柔軟な在庫管理

    B2B (店舗) 出荷指示、店舗在庫の確保、在庫データの確認などを管理画面から一元的に行えます。
    それを受けてロコンド倉庫もスピーディに対応しますので、フレキシブルな在庫配分の見直しも可能です。
    管理画面で指示しきれない特別対応の場合は弊社の物流担当社員が責任持って対応させて頂きますのでご安心下さい。

  • 百貨店・卸・路面店などの
    豊富な実績

    日本全国、様々な店舗への出荷実績を有しておりますので、例えば百貨店別の値札発行や配送会社の設定など、細かな対応が可能です。
    他にも店舗に限らず、卸事業や他社ECへの出荷なども運営しておりますので、ぜひ物流機能のハブとしてロコンド倉庫、LOCOPORTをご活用下さい。

  • 自前の物流とシステム基盤だからできるスピード対応

    ロコンドはショップ様の様々なニーズにスピーディに対応するためにも「内製化ポリシー」を重要視しています。
    だからこそロコンド倉庫で庫内業務を遂行するのはロコンドグループの社内メンバーで運営しているだけでなく、庫内で利用されているWMS (Warehouse Management System) も全て自社開発されています。
    自社運営、自社開発だからこそ可能なハイスピード対応がロコンド倉庫、LOCOPORTの最大の強みと言っても過言ではありません。
    皆さまの物流をロコンドグループメンバーたちが責任持って運営致します。

新規出店のお問い合わせ

LOCONDO.jpへの新規出店のお問い合わせや、プラットフォームサービスのお問い合わせにつきましては、お問い合わせフォームからご連絡ください。
内容を確認させていただき、弊社担当よりご連絡申し上げます。
プラットフォーム以外のお問い合わせについてはこちらをご確認ください。